NPO創造の森
食・唄・畑・春』でもお世話になる創造の森

すでにご存知の方ばかりだと思うけど、
CHUBBYが普段、パン・クッキー・野菜などで
お世話になってる場所。
ま、実家のような存在です。


創造の森の長男Yさんは
ロンドン時代からの旧友。
その中でも、1番貧乏だった時期、
具なしパスタやらを毎日食いながら、
ああだ、こうだと語り合っていた仲なのです。


その創造の森が昨年10月、NPO法人へ。
まだよくわからない人がいるでしょう、NPO。
それはどうでもいいのです。

ただ、これから今までの‘創造の森’の枠を飛び越え、
地域と人々の未来のために本格的に活動をしていこうってこと。

そこにCHUBBYが協力させて頂くわけです。
これってまさにロンドンの時に話していたことなんだよね。


その1回目が今回の「食・唄・畑・春」
それに対するYさんのコメントを引用します。
(実はちょこちょこイジッてますが・・・。)

------------------------------------------------------------------

現在の日本は食糧とエネルギーの自給率が他の先進国と比べて
かなり低いことが問題視されています。
私達が生きていく上で必要な食糧とエネルギーを自ら生産できないことは
どんなに科学が発展し、経済が成長しても未来への不安は拭えません。

何かを「感」じて、「行動」できれば・・・。

そこに「ワ」が生まれ、お互い手をとり合い、
ゆっくりと前に進んで行くことができると思います。


「食」は本来、「体験」を通して、
シンプルに感じるべきモノ。

中国産の食料品への不安。
有機野菜の必要性。
食糧自給率の低下。
・・・・・・。

ワーワーギャーギャー騒ぐ前にさ、
「とりあえず、みんなで土いじりしてみないかい?」

一緒に畑で野良仕事をやってみようよと思うのです。
とにかくリアルを「体験」すること、「楽しむ」こと。


今回のようなイベントを通して、地域の問題などをみんなで取り組み、
そこからまたヒトとモノがつながっていく喜びを「共感」したくて。

昨年10月に新しく生まれ変わったNPO創造の森は
ゆっくりと歩み始めました。

NPO法人 創造の森
------------------------------------------------------------------


‘創造の森’の活動と‘CHUBBY’の遊び心が
一緒になって、いい流れを生みたいね。

やっぱり、関わって、味わって、感じること。
答えが出なくても、表現は出来なくても、
そのサイクルを繰り返していれば、きっと見えてくるんだよ。


今回は最初の一歩として、農業体験。
これをきっかけに定期的に続けていく予定だから、
多くの人に関わって頂きたいですね。


とりあえず、4.6。
春を満喫しましょーよ。

料理はもちろん、飲物にも期待して
[PR]
by chubblog | 2008-03-14 20:10
<< カフェワイン、バーワイン 食・唄・畑・春 >>



CHUBBYのブログ
by chubblog
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31