日田へ。
福岡市内から、大分市内からも車で1時間。
江戸時代、天領であった街、日田へお邪魔しました。

c0154405_19374595.jpg

この2月、CHUBBYに新しく加わった、
クンチョウ酒造の日本酒。

元禄からの建造物も残る、こちらの酒造は
日田、豆田の象徴であるかのようにどっしりとしていました。

c0154405_1943980.jpg

同じ酒でも、
ワイナリーと酒蔵では空気の流れが全く違うんだな、と
当たり前のことを思い、
でもそれが建物様式の差だけではない気がして、
スィ〜と吸い込まれていきそうな感覚でした。





c0154405_1951152.jpg

創業から何百年たっても、いい酒を作り続け、
地元だけでなく、幅広く人から愛され続ける。

「伝統を継承する」
言葉では簡単に言えても、
その現場で起きていること、
想像以上のものがあることと思います。

少なくともボクがここの長男だったら、グレてるしね、きっと。

そんな尽力の端っこで、今日も美味しい酒が飲めること、
ますます、嬉しく思うのです。



昨年のCAFE WEEKで出会い、
CHUBBYにも足を運んでくれ、
「いつの日か日田へ!」とラブコールを出し続けてくれた、
クンチョウ期待の長男、Rちゃん。

今すぐにでもの気持ちを温め続けてしばらく。。


昨年末にアミイゴさんの協力のもと、
クンチョウ酒造で開催された、ライブアライブ
直接、行ったわけでもないし、
面識のある方ばかりではないけれど、
そのライブを創り上げた人たちの姿にひどく感銘を受け、
「何がいちばん大切なんだ」と
深く胸をエグってくれた、日田の人たち。

今後のCHUBBYと自分の人生のために、
このタイミングだなと実は1年越しの想いが募った、
日田への訪問。

そんな気持ちを竹酒で迎えてくれたのでした。

c0154405_2026395.jpg


仕事後に続々と集まってくれた、
日田の未来を背負う若いチカラ。

c0154405_20294174.jpg


街の呉服屋や床屋の跡取りさん。

きっとそれぞれ、責任や重圧があるからこそ、
秘めた意志を持っていたり、
素晴らしいおもてなしの気持ちがあったりするんだよね。

なにより、共通する「日田への愛」が
みんなを成長させているようにも見え、
心地よく過ごさせて頂きました。

こちらのお店「ビストリアTAO」さんで
以前、bogalusaがよくライブをしていたということも
勝手に何かの縁を感じたりで、ね。


そして、最後にこの2人のお話。

飲み屋 to 飲み屋の途中に寄った、
「アリスクロゼット」という洋服屋さん。

1人の女性に会うためにやってきました。


きりぽん。

酒蔵ライブを創り上げた、表と裏の主役。

でも今晩は残念ながら、バイト。。
ボクは明日の朝には、福岡へ。


おとなりの聖駒くんが一言、
「明日の夜、福岡に追いかけます。」

c0154405_20594485.jpg

なんだろね、この感じ。

大好きなんだよね、こういうの。
[PR]
by chubblog | 2009-04-23 21:04
<< 篠栗へ。 山香へ。 >>



CHUBBYのブログ
by chubblog
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31