<   2010年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
カレンダー。
いよいよ年末。

業者さんや様々な関係者からカレンダーを頂く時期になりました。

その中でひとつ、目を惹くカレンダーが。

c0154405_8204083.jpg

基本的には環境について言及しているコピーが
毎月、イラストとともに綴られているのですが、
なんとも響く言葉ばかりで。

あ、そうそう。と。

いくつかご紹介。

c0154405_837693.jpg

c0154405_8374446.jpg

なんとも日々、頭の中をグルグルしている言葉たちが
綴られていました。

この方の本まで買っちゃったしね。



で、本題。

カレンダーと言えば!です。

2011 アトブラカレンダー、今年も絶賛発売中です。
CHUBBY、茶日ともに取り扱っております。

c0154405_8402423.jpg

[PR]
by chubblog | 2010-12-26 08:41
年末年始の営業について。
メリークリスマス。
といいうわけで、年末年始の営業のお知らせです。

CHUBBY、茶日ともに
12月30日(木) 〜 1月4日(火)
はお休みとさせて頂きます。

年末は29日まで。
年始は5日からの営業です。

今年もあと一週間ですね。
大切にすごしましょー。



〈貸切のお知らせ〉
12月29日(水) @CHUBBY
18:00 - 21:00は貸切とさせて頂きます。
上記以外の時間は通常営業です。
[PR]
by chubblog | 2010-12-24 12:34 | INFO
取材。
ここのところ、取材がちらほら。

そのうちのひとつ。

c0154405_18215162.jpg

ライターは、ワークショップでもお世話になっております、
山村光春さん

ほんと、さすが。


c0154405_18233448.jpg

年末にひと笑いしたい、知人の方へ。
[PR]
by chubblog | 2010-12-19 18:25
ジャム、はじめました。
茶日の棚に手作りのジャムが加わりました。

その名も「知識ジャム

笹塚在住の知識さんが果物の持つ素材感を大切に、
1個1個端正に作り上げたオリジナル・ハンドメイド・ジャムです。

c0154405_19384467.jpg

季節や在庫状況により味は異なりますが、
現在のところ、茶日では
いちじく、白いちじく、りんご、ぶどう、ルバーブを販売。

白いちじくのジャムは
クリスマスメニューのパテにも添えています。

素材の食感を楽しむことができるあっさりとしたジャムなので、
野菜やヨーグルトとの相性も良いですよ。

1個600円で販売中です。

是非に。
[PR]
by chubblog | 2010-12-18 19:45 | 茶日
クリスマスメニュー2010
師走のバタバタに当然のごとく巻き込まれ、
やらなければ、、がたまっております。


遅れました。

クリスマスメニュー、始めております!
CHUBBY、茶日ともに。


各店舗とも25日(土)までご用意しております。
まだの方は是非。大好評頂いてます!




クリスマスメニュー@茶日

前菜
パテ・ド・カンパーニュ  ライ麦バケット添え    750円


メイン
金目鯛と色々野菜の蒸し煮    1,100円


デザート
かぼちゃとさつまいものテリーヌ  生チョコ添え    700円



クリスマスメニュー@CHUBBY

前菜
青パパイヤとエンダイブのサラダ    850円


メイン
エビのムースとマッシュポテト、ブラックタイガーのソテー    1,100円
ーディルソースー


デザート
べりーゼリーとシャンパンゼリーのカクテル  シャーベット添え    650円

[PR]
by chubblog | 2010-12-18 13:57 | MENU
hibi exhibition 『hibiの道具展』
今年最後の展示会のお知らせです。

東京在住の藤栄氏と佐賀県有田町在住の山口氏によるユニット、
‘hibi’による道具展。

‘hibi’には以前よりお世話になっており、
CHUBBYの箸置きや箸をはじめ、
茶日のランプシェードも‘hibi’作の作品です。

そして今回は器。

c0154405_19113256.jpg

カップ、ボール(大)、ボール(小)の3型を販売、
それらが生まれたストーリーとともに展示してあります。


有田。
有田焼で有名な陶器の街ですが、
以前の勢いはなく、どういった手段で
貴重な伝統工芸を伝えていくのか、
地元の方、それに関わる周囲の方々も頭を悩ませていることでしょう。

c0154405_19154193.jpg

どの策が正解かなんてわかりやしないけれど、
まずは今の世に価値あるものを生み出していければ。
そんなことが一片の光になりやしないか、そう思うのです。

そのひとつが‘hibi’のようなこと。

c0154405_19193231.jpg

今回の‘hibi’の作品の中には
使い続けていくにつれ、上絵が剥がれ、
下絵が徐々にあわられてくる、

つまり、
使い方によって器の表情が独特に変化してくるものがあります。

まるでデニムのように。

大切に長く使われ、日々に寄り添うものでありたい。
そんな‘hibi’のコンセプトを体現しています。

時の経過が楽しみ、という素敵な器。

c0154405_19265423.jpg

この作品が生まれるまでのプロトタイプや
素焼きの状態の器、有田からの道具たちもご一緒してます。


微妙に表情の異なる一点ものの器たち。

あ、早く買わなきゃだな、自分の。


今年最後の展示会、みなさま是非。


『hibiの道具展』
2010.12.1(wed) - 12.29(wed)
[PR]
by chubblog | 2010-12-01 19:34 | GALLERY



CHUBBYのブログ
by chubblog
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31