<   2008年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧
DESIGNTIDE TOKYO 2008
知り合いの方から直接お誘いを受け、
知人が数名出展されているのと、
別のモクロミなどなどで、珍しく六本木へ。

DESIGNTIDE行ってきました。

c0154405_14225526.jpg


昨日からのスタートだったので、
来場者はほとんどプレスの方々。

送る視線に熱いものを放ってましたね、みなさん。

そのぐらいアイディア不足なのですかね、世の中。
どんな風に商品化してやろうか。売ってやろうか。


うん。いくつか面白いモノもありました。
でも、これだけモノが溢れているからこそ、
TIDEだから出来ること、それに期待してしまいます。

それにしても、
予想外の懐かしい方、
最近、よく見る顔、
いろんな人がいましたね。

おかげで、
本題のモクロミの宣伝、まずまず。



その後、久々のミッドタウンでしばし観覧。

って、あぁぁぁー!!
c0154405_14353781.jpg


現在、開発中の箸置きモデルにそっくり!

うちのは木製ではないけれど、、
これ、欲しい。

再検討ですね。


と、さらにびっくりが。。
長崎県は波佐見町から、
仕入れにやってきた、Hさんと
約半年ぶりの偶然再会。。


六本木、すごいね。
[PR]
by chubblog | 2008-10-31 14:42
Nakaya Sato Photo Exhibition
スペイン語で、‘El Camino de Santiago(サンティアゴの道)’と
呼ばれる、キリスト教の三大巡礼地の1つである、
『サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路』

フランスから、ピレネー山脈を経由して、
スペイン北部を通る、この道。

実際にこの道を歩いた佐藤氏による、
写真展の開催です。

c0154405_1345654.jpg


彼に出会ったのは1年前。

作品の素晴らしさに加え、
彼を形成する概念に惹かれ、
恵比寿vinsantoの1発目の個展も
彼にお願いしました。

c0154405_1393032.jpg


ただ単に制作を続けるのではない。
ただ、作品を発表するのではない。

これは、私達、飲食業も同じこと。

ただ単に店を続けるのではない。
ただ、日々、営業しているのではない。

目に見えることを変えてゆかねば。
目に見えるものを残してゆかねば。

それはもう、
誰かのためだとか、
未来のためだとか、
そういったものでもなく、

‘生きる’を味わうコトに近い感覚です。

身を結ぶのはもうちょっと先の話。
それまでは地道に土台作りです。

c0154405_13165643.jpg


今回は、焼きたての写真を
乾かしているイメージで展示。

気軽に手にとってもらいたい。

期間中、徐々に作品も増やしていく予定です。


Nakaya Sato Photo Exhibition
2008.10.29(wed) - 11.17(mon)

clothing party
2008.11.15(sat) 18:00-
[PR]
by chubblog | 2008-10-30 13:22 | GALLERY
絵画教室
土曜、日曜で、
三杉レンジさんの絵画教室が開催されました。

2日間で14名の方々に
ご参加頂きました。

まずは最初の1時間、映像を使って、
今回のテーマである、コラージュの説明。
c0154405_133873.jpg

過去の有名作品を題材にして、
初心者の方も「う~ん、なるほど」と。


その後は早速作業です。
c0154405_13433793.jpg


その様子はこちらへ。

レンジ先生の丁寧な準備で、
スムーズに時間が流れ、
参加頂いた方にも
満足していただけたよう。


それにしても、様々なワークショップや
イベントを見てきておりますが、
女性の参加意欲、高いですねぇ。
今後もこの傾向は続きそうです。


レンジさんのワークショップは
毎月1,2回、CHUBBYにて開催予定です。

どこかで参加してみて下さい。


こういった活動を開催すること、続けること。
見えない労力が多分に存在します。

レンジさんが残そうと働きかけているモノ、
そして、その行為自体に魅力を感じました。
[PR]
by chubblog | 2008-10-27 14:11
『CHUBBY×dish コースター展』 各賞発表
今月、代々木上原dishとともに開催してきました、
CHUBBY×dish コースター展』。

dishとともにイベントを開催できたことで、
店舗間につながりが生まれ、
今後に繋がるきっかけ作りの良いイベントになりました。

CHUBBYは、明日(27日)まで。
dishは、11月4日(火)まで。
で終了となります。


と、ここで当初より予定していた、
CHUBBY賞、dish賞の発表です。


CHUBBY賞   阿部 夕子さま

 今回はコースターのための作品ということで、
 テーブルの上で広がる世界をイメージして、
 選考させて頂きました。
 
 CAFEという本来、素朴であるべき存在を
 コースターサイズに上手く凝縮しながらも
 側に置いておきたくなる温もりを感じます。
 こんな風景が店内に広がっていけば良いですね。

 高木(CHUBBY)

 ※足利ココファームワイナリーのドリンクセット。


dish賞   内山 尚志さま

 ドリンクと一緒にこんなコースターがテーブルに
 置かれたら、思わず口元が綻んでしまいそうです。
 
 小さなテーブルの上で、そんなマジックにかけられて
 しまいそうな内山さんの作品を選考しました。
 美味しい料理や美味しい飲み物だけでなく、
 そんなちょっとしたHAPPYも添えられる...
 そういうお店でありたいと思います。

 榎本(dish)

 ※dishオリジナルカップ&ソーサー
dishオリジナルブレンド オーガニックコーヒー豆



おめでとうございます。
すべての作品にそれぞれストーリーがあり、
コースターという飲食店にとって
身近なものがグッと楽しくなりました。

改めまして、参加して頂いた皆様、
ありがとうございます。


各賞の作品、画像載せていません。。

なんでかって?

そりゃ、ね。



ご来店、お待ちしておりますー。
[PR]
by chubblog | 2008-10-26 14:59
恵比寿vinsanto。
恵比寿にあるドルチェワインのお店、
vinsantoが作品展示をスタートさせて、
まもなく1年が経ちます。

かなりのペースで、
展示を開催するお店としての
魅力が上がっていると思います。

「BARの暗さをどう活かすか」
そこに向き合ってきた、この1年。

店長Fさんをはじめ、
スタッフの方々のご尽力により、
展示を楽しみに来店頂けるお客様も
増えてきたそうです。


そんな、vinsanto。
2009年の展示募集を始めました。
ご興味のある方は是非。


contact@franx.jp
こちらにご連絡頂ければ、
お手伝いしますよ、なんなりと。
[PR]
by chubblog | 2008-10-25 12:55
ウォーターサイネージ
tokyo park water 2009の開催に向けて、
ウォーターサイネージ(水道水ろ過装置)を販売する、
オルカビジョンさんにお邪魔しました。


社内入口に設置してある、これ。
c0154405_178564.jpg


こいつが次回のイベントを大いに盛り上げてくれる
核となります。

冷水も温水も給水可能。
自動洗浄装置までついちゃって、
予想以上にコンパクトなのに
優れもの。


これで飲めるピュアウォーターも
水道水やミネラルウォーターに比べて、
喉へ何かが引っかかる感触が
全くないわけですよ。

水マニアになりそう・・・。


さらに装置頭上の液晶。
このコンテンツを自由に使えちゃうわけです。

広告はもちろん、イベントの紹介、
アーティストの紹介、
オススメのCAFEなどなど。

使い方によっては可能性が広がるなぁと。
テンション上がってきました。


そんなわけで、
来年1月のイベント期間中、
CHUBBYではウォーターサイネージを設置します。

さらにイベント終了後も常設として、
検討中であります。

出かける前とか、
呑んだ後とか、
様々なケースでちょっとCHUBBYに寄って給水。

そんな‘生活に密着した場所‘魅力ですねぇ。


ウォーターサイネージの設置にご興味のある方、
ご連絡下さいねー。

ビックリするくらい格安ですよ。
うまいやり方すれば、無償ですし。。

併せて、広告に興味のある方も募集ー。

お待ちしてまーす。
contact@franx.jp
[PR]
by chubblog | 2008-10-23 17:24
徒歩。
ここのところ、お気に入り。
代々木八幡‘LIFE

c0154405_15182464.jpg

トータル的にすごく素敵なお店です。

このお店を含めての井の頭企画、
徐々に進行中です。


そして、最近、やたら訪れる機会の多い、‘谷根千’。

今回はそのうちの1つ根津。

その名のままに、風情を残す藍染通り。
c0154405_1526086.jpg


その通り沿いのギャラリーにお邪魔しました。
c0154405_1527295.jpg


‘LIBRE’、こんなギャラリーが
ひっそりと息づいていること。

それが街全体の魅力を生んでゆくのでしょう。

c0154405_15313667.jpg


本当はこの辺りをもって、
東京と呼ぶべきもの。

西のほうで、
東京がどうだとか騒いでいるのは
失礼なことなのかもしれません。

そんな貫禄と
歴史が積み上げたツナガリを感じます、
real東京。

c0154405_15385738.jpg


やらなけらばならないことは
たくさんあります。


c0154405_15411847.jpg

「太りすぎると動きが鈍くなるので
餌をあげないで下さい。」

だって。

支配者になってしまった責任。


「太りすぎると動きが鈍くなるので
これ以上、モノを与えないで下さい。」

‘人’から新たな、もしくは以前の支配者へ。
[PR]
by chubblog | 2008-10-22 15:50
『little wing』
お、お待たせしましたーっ!

って誰も待ってないかもしれませんが、、
CHUBBYスタッフTのブログがスタートしました。

その真意や意図は置いといてと。


みなさまの毎日を少しでも楽しくできますように。。
毎日こうしーん!!

なんてうたっておりますが、
先週からスタートして更新、初回のみ・・・。

急かしてやって下さい。


それでは、『little wing
[PR]
by chubblog | 2008-10-20 22:09
『SIGGボトルを作ろう』 スポンサー募集
tokyo park water 2009の第一弾、
『オリジナルタンブラーデザイン展』 -SIGGボトルを作ろう-
の開催にあたり、参加アーティスト募集に併せて、
SIGGボトルを商品化する、1次、2次スポンサーを募集します。


スポンサー募集
今回のイベント開催にあたり、1次、2次スポンサーを募集します。

1次スポンサー
・公募作品が集まり次第、1次スポンサーが各1作品を選考し、
 オリジナルSIGGボトルを商品化します。
 (※ご希望により、各ボトルに「スポンサー名×アーティスト名」などの
 クレジットやURLも記載可能です。)

・SIGGボトルの価格、最小ロット等、別途お問い合わせ下さい。

・御社店舗にて『オリジナルタンブラー展』を開催できます。
 タンブラーの価格等、お問い合わせ下さい。


2次スポンサー
 ・イベント期間中、24種のタンブラーよりお好みのデザインを選択後、
  オリジナルSIGGボトルを商品化します。

 ・ご負担頂く費用は1次スポンサーと同額です。

 ・1次スポンサーと共に、作品選考の段階での参加可能です。
  その際、tokyo park water 2009公式ブログにコメントを頂きます。
  (作品選考後のイベント不参加も可能です。)


※募集団体は、飲食店舗に関わらず、企業、地域、個人等、ジャンルを問いません。
  ノベルティを制作するような感覚でご参加頂ければと思います。
  ご希望があれば、他デザインのSIGGボトルも買取り頂けます。
  各スポンサー1作品に限らず、2型以上の参加も可能です。

※ウォーターサイネージ(水道水ろ過装置)の設置可能場所も
  同時募集致しております。
  詳細はお問い合わせ下さい。

※スポンサー参加は不可能であっても
  『オリジナルタンブラーデザイン展』の開催は可能です。
  飲食店舗に限らず、ご興味がございましたらご連絡下さい。


お問い合わせ:contact@franx.jp
[PR]
by chubblog | 2008-10-15 17:27 | EVENT
『オリジナルタンブラーデザイン展』 参加者募集
tokyo park water 2009を実行するにあたり、
来年、1月にCHUBBY、vinsantoの共催で
『オリジナルタンブラーデザイン展』を開催します。

まずはオリジナルのボトルを持とうよ!ってことです。


24アーティスト CHUBBY&vinsanto共催
『オリジナルタンブラーデザイン展』 -SIGGボトルを作ろう-
2009.1.5(mon) - 2.1(sun)
place: CHUBBY,vinsanto
オリジナルタンブラーの展示販売。
オリジナルSIGGボトルの販売。
※イベント参加店舗は増加する予定です。



詳細

無制限にタンブラーデザインを公募、
1次スポンサーによる選考の結果、24作品をタンブラー化、
参加店舗にて展示販売します。
並びに原画(※データを拡大したもの)展を、
主催店舗vinsanto、CHUBBYにて上記期間中開催致します。

併せて、1次スポンサー(上記2店舗含む)は選考時、
各1作品、オリジナルSIGGボトルのデザインを決定後、商品化し、
イベント開始にあわせて展示販売致します。

さらにイベント期間中、随時、2次スポンサーを募集。
各アーティストとのコラボレーションが成立次第、
それぞれ、SIGGボトルを商品化致します。

※SIGGボトルに関しては、イベント開催期間に関わらず、
  販売予定です。 


オリジナルタンブラー

c0154405_1553778.jpg

中紙交換式の携帯タンブラーです。


SIGGボトル

100年もの間、スイスで生産されているアルミ製携帯ボトルです。
SIGGのボトルは薄いアルミの一層構造ですので
保温、保冷効果はありません。

「常温の水で細かく水分補給」
この飲み方のためにデザインされたボトル。

喉が渇く前に飲む。
口の中に軽く一口含んでゆっくり飲み込む。

この飲み方に慣れることで
体が効率よく水分を補給するようになり、
少量の補水で疲れにくくなったり、
頭がすっきりするなど
健康的な効果があると言われています。

※今回のボトル色・・・
  アルミ、ホワイト、レッド、ブルー、ダークブルー、
  グリーン、バイオレッドの計7色。


参加アーティスト募集

今回の企画の参加アーティストを募集します。

指定フォーマットにオリジナルデザインを作成
刷り色2色、背景1色の計3色
データ(illustrator10以下)にて提出
提出頂いたデータを拡大し、期間中展示致します
作品提出期限・・・11月24日(月)


【選考】

今回、参加アーティストともに店舗、企業、団体を
1次、2次スポンサーとして募集しています。

スポンサー契約が決定した作品は、
SIGGボトルとして商品化され、
各スポンサーのご希望により、
「アーティスト名×スポンサー名」などの
コラボレーションボトルとしてのクレジットが入ります。
(URLも記載可能です)

○スポンサーは決定次第、
  随時、tokyo park water 2009公式ブログにて
  発表致します。

○スポンサー契約が成立し、SIGGボトル化の決定後、
  多少のデータサイズ変更やクレジットの記載、
  スポンサーの選択するボトル色によって、
  刷り色の変更などをお願いする場合がございます。
  改めてご連絡致します。

○スポンサー契約が成立すると、
  アーティストに奨励金と致しまして、
  金1万円を差し上げます。

○イベント後、SIGGボトルに限らず、
  別途オーダーでの仕事依頼の可能性もございます。



上記をご参考の上、
参加希望の方は、contact@franx.jpまでご連絡下さい。
その際、指定フォーマットをお渡しします。
[PR]
by chubblog | 2008-10-15 16:38 | EVENT



CHUBBYのブログ
by chubblog