<   2008年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧
小さいけれど、大きな個性。
昨日の昼間は『あきはれ』でした。

前半は親子で参加するワークショップ。

大きな布を用意しました。
c0154405_146810.jpg


とりあえず、ご飯を食べて。
c0154405_1484166.jpg


A先生のかけ声でワークショップスタート。

自らの欲望に実直すぎる子どもたちに
興味をもたせたり、
きちんとした一人一人への心配りだったり。

先生ってプロフェッショナルな仕事だなぁって
感動してました。

c0154405_14151511.jpg

いざ、筆をもつと真剣な眼差しの子どもたち。

几帳面に色をつけていく職人さん。

手に塗ったり、足に塗ったり、
体中、ベタベタのわんぱくさん。

余白を探して、巧みにポジションを
変えてる、しっかりさん。

体は小さいけども
しっかりと個性を発揮してます。
c0154405_14211682.jpg

こうしなきゃいけない、
ああしなきゃいけないではなくて、
思いついたことをそのまま
やってるんだよねー。

結果、失敗しても
すぐまた、やり方を変えるしね。

大人が勉強になることが
いっぱいありますよ。


そんな子どもたちを見つめる、
お母さん方の眼差しも素敵でした。

c0154405_1424195.jpg


あっという間に空が完成して、
しばらく乾かした後に、
それぞれ、クレヨンで雲を描いてゆきました。

c0154405_1425211.jpg


そのころ子ども達は、、
c0154405_14263138.jpg

紙芝居に夢中。
いい目してるなー。


その後は、水族館のような
ステージでライブを。
c0154405_14272784.jpg

終始、よい子ちゃんの子どもたち。

そのまま、大きくなってほしいね。


素晴らしいイベントをありがとう、Sさん、A先生。
また、やりましょう。


いやー、DSとかやってる子がいなくてよかった。
[PR]
by chubblog | 2008-09-28 14:33
ナニができるか?
福岡にある、知的障害者通所授産施設‘アトリエブラヴォ’。

とりあえず、これ読んでくださいな。


ナニができるか?
その人、その人たちとナニができるか?


福祉の分野に限った話ではないよね。

毎度、思うのですが、
福祉の世界で起きていることは
すべての人の根底に共通することだと
思うのですよ。


素敵だね、原田さんっ!
[PR]
by chubblog | 2008-09-26 21:49
テキかミカタか、、はたまた。
‘テキ’を意識して過ごしていたムカシ。

たとえ、世界中の誰にも受け入れられなくても
構わないって、突っ張ったジシンがあった。


‘ミカタ’を意識して過ごしているイマ。

自分のためよりもダレかのために動きたい。

甘ったれになったのか。
それだけ大切なヒトが増えたのか。


7:3で甘ったれに1票。
[PR]
by chubblog | 2008-09-25 16:29
Exhibition 「Back Stage」
表舞台に到達するまでの時の流れ。

直前のリハだったり、日頃の鍛錬だったり、
それよりずっと前のキックオフだったり。

そんな過程の段階に
むしろ本番よりも魅力を感じたりします。

個人的にもそういう部分が大好物。

今回はそんなバックステージの写真展。
c0154405_14535754.jpg


約50点もの作品を眺めていると、
「産む厳しさ」のようなものを改めて感じさせます。
c0154405_14555441.jpg


それに併せて、
箱入りねこ、Cat's in the Boxも
同時開催しております。
c0154405_14571365.jpg



Junko Matsuo photo Exhibition
Back Stage
2008.9.24(wed) - 10.6(mon)

reception party
2008.9.27(sat) 19:30~
charge:3,000yen (1drink,food,music-charge)


松尾順子/
おもにバックステージを中心に撮影し、
演劇雑誌、広告雑誌などの撮影を手掛ける。

c0154405_153092.jpg
[PR]
by chubblog | 2008-09-24 15:04 | GALLERY
古さの魅力
CHUBBYの象徴と言えば、
正面の木枠、床の古木でしょうね。

それも3年も経つとほら。
c0154405_1045037.jpg

節穴が抜け落ちてしまって、
大きな穴がいくつも。。

そろそろ、事故がおきかねない状況に
なってきたので、なんとかしなければなぁと
作戦を長い間、検討しておりました。

この度、某設計事務所のTさんを知人に
ご紹介頂き、
○定休日の1日で可能な作業。
○もちろん低予算。
これを条件に検討した結果。

セメント。

しかも流し込み。

ちょっと墨を混ぜて、
色を濃くしてね。
c0154405_105558100.jpg

応急処置的なイメージが強いけども、
結構、好みですよ。これ。


そういうわけで、今日は朝から工事。

これでもう、物もお金もヒールも
落ちる心配はございません。。

古きよきものはメンテが大切。
古傷ともうまくやっていくことが大切。

古さはその魅力の分、手間がかかるものです。

違うか。
手間がかかるから魅力が出てくるのだね、きっと。
[PR]
by chubblog | 2008-09-23 11:01
来年1月の企画。
6月のvinsantoとの企画展以降、
第2弾に関して、打ち合わせを重ねてきました。

ある程度、カタチが見えてきて、
まもなく、正式に皆様にお伝えすることができそう。。


今回はですねー、

24アーティスト、タンブラー原画展
『TOKYO WATER STATION』


です!あくまで仮タイトルですが、、

ほんの少し昔の話、
コンビニやスーパーで水なんて
買ってませんでしたよね。

最近では、ミネラルウォーターを
買うのが当たり前。

買いたくないですよねー。
水ですよ、水。

以前のように、公園やらで水が飲めていた
環境をつくりたいですね。

そんな想いから始まったこの企画。

つまりは東京各所に給水ポイントを作ろうってことです。

そして、参加アーティストにはその水を入れるための
タンブラーをデザインしてもらうわけです。
中紙取替え式のね。

今回は本当に数多くの方がからんでくれています。

コンセプトの格となる水は、
ウォーターサイネージという水道水を直接濾過する給水装置を使用。
この装置は規格もかなり大きいので、
置くスペースが限られてくるということで、
補佐的な役割として、
ミネラルウォーターのアクアクララの設置。


さらに、今回の開催店舗とエリア。
給水ポイントとなるとCHUBBY、vinsantoの
2店舗ではさすがに少なすぎます。

ということで、
現在のところ、CHUBBY、vinsantoのタンブラー原画展に併せて、
コアポイントとして、恵比寿・代官山エリアで約20店舗、
原宿、表参道エリアで約20店舗、その他、都内各所で少々。

以上の場所で給水機の設置とタンブラーの販売を考えています。

さらにさらに、2次効果として、
湘南エリア、千駄ヶ谷商店街などなど、
様々な地域、エリアで来年いっぱいまで
続けていこうかと。

かなり話が大きく、具体的に進んでいることもあって、
最初の段階でかなり慎重に打ち合わせを重ねています。

とりあえず、こんな具合で進んでます。

今回の公募も選考形式となります。
集まった作品のうち、24作品がタンブラーとなります。
選考員による各賞もご用意。

そして、残念ながら選考に入らなかった作品に関しても
今回は原画展に参加できる予定になっております。

正式な募集開始は10月中旬予定、
作品の締切は12月中旬になると思います。

興味のある方はどしどし、ご連絡下さいね。

アーティストの方だけでなく、
給水機の設置やタンブラーの販売に興味のある、
飲食店、アパレル、雑貨屋、美容室、花屋、
公共施設、その他の方々も是非、声をかけて下さい。

企画自体に関心のある業者の方々も。

それでは、正式な発表をお楽しみに~。


mail:contact@franx.jp
[PR]
by chubblog | 2008-09-22 16:52
Im in love.
ここのところ、よく恋に落ちます、物に。

最近、CHUBBYの男子トイレのドアノブがついに壊れました。
c0154405_1311258.jpg


先日は正面玄関の鍵を老朽化により、取り替えたばかり。

スピーカーも配線の不具合で、1つ音が出てません。

家具の汚れや傷も目立ってきました。

床の古木は節穴がボコボコ。


う~ん。
3年で消耗するとはよく言いますが、
長く続けるとはこういう問題が重なってくるということですかね。

かといって、
「はい、買い替え!」
というわけにはいきません。

なるべく息長くいられるように支えてあげたい。
もちろん、どうしようもないものもありますけど、、、

スタッフと同様に、
こいつらも3年間、CHUBBYをツクってきたヤツらです。

愛着もって接していけば、
寿命はきっと長くなるんですよね。


昔の建物ってカッコいいの多いでしょ。
便利さを追求して、つくったものがすべて、
カッコいいわけじゃないと思うのさ。

不便だからこそ、愛着がもてたり、
不恰好だからこその好感だったたり。


人の手でつくって、
人の手で壊して、
人の手でまたつくって。

必要のないお金をかけて、
必要のないお金を稼いで。


CHUBBYにあるものもそうだけれど、
自宅にある、昭和初期の本棚とか、
当時の幼稚園で使われていた机だとか、
見ているだけで愛しいモノたち。


そういうモノにずっと囲まれていたいね。
人知れず、撫でたりしてみって。
愛着わくからさ。
[PR]
by chubblog | 2008-09-21 13:41
とんちサロンへようこそ@CHUBBY
とんちさん、代田橋へいらっしゃい。

前日の仕込み、+今日はこれ。
c0154405_13142646.jpg


博多の唄姫、とんちさんを迎えます。

写真、真っ暗でよぅわかりません、、、
c0154405_13163018.jpg


平日にも関わらずたくさんのお客様に
集まって頂きました。

自然とお客さんを巻き込むことのうまい、とんちさん。

お客さんの評判のみならず、
スタッフも楽しませて頂きました。


とんちサロンのゲストで、太田友紀。
c0154405_13203815.jpg

これまた、よくわからない写真ですが、
出演者も楽しんでもらえることが
店側としても目指すところです。


通常営業にも関わらず、
ライブのために集まってくれた方々、多数。

CHUBBYの常連組もいらっしゃいましたが、
なかなか、フラッと立ち寄る、とうわけにはいかないですね。
この席数、、、

でもライブをきっかけに
こうして集まれる場があるということは
素晴らしいことです。

こういったライブを重ねて、
よい空間が創れるようになっていきたいですね、CHUBBY。


とんちさん、おつかれさまでした。
また、遊びに来てください。

アミイゴさん、太田さん、
集まってくれた皆様、ありがとうございました。
[PR]
by chubblog | 2008-09-18 13:29
パパパッパッパッパ。
火曜日のCHUBBY。

静まり返った店内のほうが、
集中力が高まります。

昨日はCHUBBYスタッフ・Kくんの
バースデーパーティー。

そんなわけで眠い目をこすりながら。


さ、始めましょ。
まずはこしあんと黒ゴマをマゼマゼ。
c0154405_20441973.jpg


あんこだけじゃ物足りないなぁと
カスタードと白ゴマの組み合わせも用意。
c0154405_20454449.jpg
まぁ、これ結局、最終的に不採用。
最初のイマジネーションとはズレてきたからね。

その後、白玉粉をコネコネ。
c0154405_20472292.jpg

1つずつあんこをつめて、マルマルしてゆきます。

一昔前、本初子午線のそばで、
なぜか、和菓子つくってたことがあるんですよね。

なんとなく懐かしい感じ。


そして熱湯に投入ー。
c0154405_20592537.jpg


なんか蛙の卵(大)みたいね。

こういうことを言うと、
小学校のクラスの女子から
嫌われるんだよね。

気をつけましょう、小学男子。


最後に冷水に浸して、白ゴマでコーティング。
表面をかるく焼いて仕上げです。
c0154405_212332.jpg


んで、これが何かって。

そうです。
c0154405_21294494.jpg


それでは、明日、お会いしましょう。
[PR]
by chubblog | 2008-09-16 21:34
sunday afternoon
この日は代田橋のお祭り。

c0154405_12335443.jpg


昼前から出店も出て、
女神輿の準備も始まり、
いつもと違う、ワサワサとした代田橋。

こんなお方も現れます。

c0154405_12383782.jpg



CHUBBYでは
お祭りとは一切関係なく、
偶然だった、通常営業ライブ。

JAZZやボサ、
「CAFEっぽい」からこそ、
敬遠してきたものに今回はあえて挑戦。

今時の「お洒落」と
一味違う、カッコよさを目指しているCHUBBY。

むしろカッコ悪いことに
「それ、結構いいよね。」ってのを感じるわけで。

そんな諸々をカフェミュージックと呼ばれるものに
ブツけてやりたいと思ったのです。

c0154405_12483011.jpg


日曜日の午後、
様々なお客様がいらっしゃいます。
いつも元気にランチしてくれる、素敵なお年寄りレディ。
打ち合わせ利用の働きマン。
爽やかランチデートのカップル。

ちょうど、ライブの始まる頃、
店内は満席になりました。

お客様になるべく多くの選択肢を
持たせながら、ライブを楽しんでもらいたい。

それにはまず声かけ、ですね。
「ライブを始めますが、あまりお気になさらずに、ニコッ。」ってな。

そんなとこからのスタートでいいのです。
まずは気負わない空気をつくるコト、
そこの中で、表現者が注目してくれるような
パフォーマンスを見せるコト。

それを見えないところで
サポートする、スタッフ。

いいライブでしたよ。
c0154405_1305973.jpg


やっぱ、‘お洒落’すぎるなぁとか考えながら、
「ほら、その気になれば、
CHUBBYだって、表参とかいけるじゃんっ」とか、
思ってみたり、、、(笑)

それにしても、
今回、協力してくれた山中さんたち。

短時間でのセッティング、
ほとんどリハなしなのに、ドンピシャの音出し。
迅速な撤収。

どうしても肝心なパフォーマンスより
こうところを見てしまいますね、ボクは。

パフォーマンス以外の部分も綺麗だからこそ、
いいライブになったんだと思います。

ほんと、ありがとうね、山中さん。


今度はイベントでやりましょう、グハハハハァー。
c0154405_1314952.jpg




ちなみに明けて、今日の午前中、
アトリエブラボォ、『夢のニューヨークへ行く』
ご覧になりました皆さん?

TBSですよ、全国放送っすよ。
たとえ、相手が一流芸能人だろうが、
しばしば事実をひん曲げる公共の電波を
通してだろうが、
アトブラパワーを持ってすれば何ともないことなんですね。

実際によく知っている彼らの姿がそこにありました。
そして、テレビには映らない指導員の方々の
ご尽力を思うと感慨深くなりましたね。

それにしても、全国デビューかぁ・・・。
一気に有名になってくんだろうなと思いつつ、
たとえ誰もが知っている有名人になったとしても
普段通りの『油断はできません!』の
彼らでいるんだろうなと思います。

アトブラパワー、いつもありがとう。
こっちもがんばんべ。
[PR]
by chubblog | 2008-09-15 13:34



CHUBBYのブログ
by chubblog