<   2008年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧
今日のSくん。 -2週目-
2週目、オレンジスタート。

今日、というか昨日のSくん。

c0154405_0165429.jpg


思い込んだら試練の道を。



まるごしでいきるのか。
かんぜんぼうびでいきるのか。

丸腰にみせかけて生きるのか。
完全防備にみせかけて生きるのか。



耳を澄ませば、
答えは遠くから聞こえてきます。
[PR]
by chubblog | 2008-04-30 00:20
ううさまのお告げ。
「良かったねぇ、今日」
って、
ささやかに言い合えた、そんな日。

4月26日(土)、
ううさまがあるお告げのために代田橋へー。

アミイゴさんの
福岡の街と出会ったお話。
カフェウィークのこと。
諫早を訪れた時のこと。

そんなありがた~いお話から始まった、
このイベント「he gat a uujin」。
・・・・・・駄洒落。

c0154405_16214927.jpg



その後、イワプロさんによる
「干潟のある海」上映です。

今回は5作品ある、諫早自主映画の中、
もっとも古い、干拓事業着工前の諫早湾の
様子がよくわかる作品を選ばせて頂きました。

美しく広がった干潟、
そこに住む生物たち。
その場所で共存していこうとする人々。

そんな映像の1つ1つを焼きつけんとばかり、
食いつくように観てくれた、参加者のみなさま。


上映後、魂の料理人からの本日の料理説明。
orange spiceさんへのLOVEを
自分の言葉で伝えていました。

c0154405_16365532.jpg


この日の料理の1部。

c0154405_16393846.jpg


メニューはこちら

大好きな店の人たちの料理をつくる想い。
唄をうたう、大好きな人たちの想い。
そんな想いに呼応するかのように、
表現の幅を広げている、我が料理人。

仲間として心強く、
親父として、その成長は嬉しく思います。


そんで、いよいよ。
ううさま、登場です。

c0154405_16444280.jpg


今回、イベントをつくるにあたり、
ゆっくりと話をする機会をつくってくれた、ううじん。

ううじんの中にある確固たるものを
知ってから聴く、彼女の唄は
CHUBBYの空間と共鳴してましたね。

途中で挟んだ、
ううじんの地元、浦安のこと。
写真もさることながら、

その唄は
「ううさまのたたりじゃ~」
の一言でした。


ゲストで参加してくれた、
安宅さん。
安心の住宅、ATAKAさん。

c0154405_16514063.jpg


ぬくもりのある男性の声は
ううじんが創ったやさしい空気のまま、
ほんの少し、その密度を濃くしてくれました。


同じく、わざわざ駆けつけてくれた、
太田友紀さん。

c0154405_16561688.jpg


ううじんが、
ふわふわしたモノで人々を包む。
しかし、そこに仕掛けられた内なる時限爆弾。

すかさず、太田さん。
優しく暴発。

ユニット名「THE 恐怖」。
肉親のような2人でした。


そんで・・・。

c0154405_1725544.jpg


そう。唄っちゃったね、思わず。
こんな嬉しいことになるのなら、
練習しとくんだったよ、ほんと。


そんな感じで、イベント中なのに
「おつかれさま~」なゆるい空気。
素っ裸にされたような間隔。

そんな時間が流れてました。

c0154405_1754588.jpg



そこで生まれた、
諫早への種たち。
届けられる日が楽しみです。

c0154405_1765876.jpg



この日のように、
ホームな店でありたいですね。

ううさま。
また、是非、再び。


みなさま、ありがとう。
[PR]
by chubblog | 2008-04-28 17:15
CHUBBYと唄うこと
種類の異なるライブを2夜連続。
無事?に終わりました。

詳細は後ほど、お伝えするとして。

あまりにも対極で
ライブのコト、唄うコト、聴くコト、
支えるコト、つくるコト。
いろんなコトを考えました。

カフェライブとはなんぞや?とか、
音楽の本質とは?
みたいなことは
ベイビーCHUBBY、
偉そうに語るわけにはいきませぬ。

ただ、ライブだけではなく、
様々なイベントを行うにあたって、
大切にしていきたいことがあります。


なんでCHUBBYでやるの?
ま、ヒトコトで言うとこれだけです。


それを理解してもらうためにいくつか。

カフェとは周辺の地域の方々の
おかげで成り立っています。

自らの足で立っているわけではない。
地域のみなさま、
代田橋あってのCHUBBYであります。

そこに迷惑をかけることがあっては
なりません。
壊れてしまっては
立っていられなくなるのです。


そして、当たり前ですが、
CHUBBYを動かしているのは人です。
もちろん、オーナー1人ではありません。
数名のスタッフがおり、
それぞれ、名前があり、想いがあります。

特にうちの場合、
彼ら彼女らの強い想いが
時に素晴らしい空間を創り出します。

逆にその想いを閉じ込めてしまったり、
存在を消してしまうことは
CHUBBYでイベントをする意味など
ないのです。
人は空間の付属品ではありません。


最後にここはカフェ。
飯、酒、コーヒー、デザート、
ギャラリー、物販・・・。
切り口が多々あるカフェという存在。

でも、そこにあるものは
すべて、会話を通して、
ストーリーが出来上がってゆくものばかり。
決して、一方通行のヒトリゴトではありません。

主役はこの空間にいる1人1人。
それぞれがどう楽しむか。
それを協力してつくっていくのです。

ライブでもイベントでも同じ。
唄い手もお客さんもスタッフも
みんな、主役ですよ。
会話を楽しむ場所ですよ。


信頼という言葉は重すぎるから、
あえて‘強い想い’でもって、
気持ちよく、
「良かったね。」
と言えるものをつくっていきたいものです。



そんな今日。
いいことが1つ。
近所の70歳を超えるLADYが
赤飯を炊いて持ってきてくれました。
お手製のぬかづけもね。

そのSEXY-LADY、
実はCHUBBYには1度しか来たことがありません。

でも、店の外ではよくお話させて頂く、
そんな間柄。

「信じれば、かなうから。」
「あんたのこと、好きだから。
いつまでも応援してるよ。」

と。

そのあたたかな赤飯を
CHUBBYのささやかな
おつかれ会で頂きました。

自称・ピン子さん。
ありがとうございます。
[PR]
by chubblog | 2008-04-28 02:59
放火魔
主に西日本に頻繁に出没。

大きな荷物を背負ったその集団は

気に入った茶屋、飯屋、花屋、八百屋・・・。

人の心のある場所に
激しく、されど穏やかに着火。

しかし、炎を行方を眺めることなく、
別の場所へ。


さて、火をつけられた人と店。
思わず駆け出します。

東へ
西へ
北へ
南へ

ささやかな火種は
大きな炎となって、
心から心へ大炎上。


その炎が、
優しい光に変わったころ、
再び、その集団は大きな荷物を持って
その街に訪れます。
[PR]
by chubblog | 2008-04-26 03:04
今日のSくん。 -5日目-
5日目ですね~
さて、今日のSくんです。

c0154405_2433352.jpg


おや??










こっちか???




c0154405_2445160.jpg







んんん??????







c0154405_246617.jpg



アトブラ・Hくんが気をつかって、
描いてくれた眉だからね!
[PR]
by chubblog | 2008-04-26 02:49
長崎からの贈り物
長崎は諫早、ORANGE SPICEさんより、
心あたたまる贈り物。

c0154405_1212132.jpg


+立派なじゃがいもが1箱。

ありがたい。


これもぜ~んぶ、明日(26日)のためです。


宮崎からの旅路を
無事に乗り越え、
種たちも代田橋に到着。


協力してくれた、みなさんのためにも
明日はいい時間を創らねばです。


GW前の土曜日ですが、みなさま、是非~。


ちらっと、明日のメニューを紹介っ。

○メダイと蓮根の煮しめ、とり飯、ぬっぺ汁
○ORANGE SPICE SAND、ポテトサラダ
○トルコライス

詳細は明日をお楽しみにー。
[PR]
by chubblog | 2008-04-25 12:26
もくもくと
ひたすらに
薪をくべつづけよう。

雨の日も
寒い日も

たかくたかく
のぼるように

まっすぐまっすぐ

ひろくひろく
とどくように

もくもくもくもく


どこにいても
迷っていても
目が見えなくても
声が届かなくても


みんなが側に
感じられるように

いつでもここに
帰ってこれるように

いつまでもいつまでも
ささやかに
叫んでいられるように


ただただ、
ボクは、ボクらは、
立ち続けていようと思うのです。
[PR]
by chubblog | 2008-04-25 01:35
今日のSくん。 -4日目-
現在、開催中のCHUBBYクルー似顔絵展

そんなわけで、アトブラTです。
c0154405_19462613.jpg



明日、すごいらしいッス。
期待してください。
[PR]
by chubblog | 2008-04-24 19:52
きょり

知らないきょり

気づかないきょり

近よりたいきょり

心地良いきょり

連鎖のきょり

傷つくきょり
傷つけるきょり 

壊れるきょり
壊されるきょり


なくしたきょり



きょりは信でうごく。

強い信は、寄り添うきょり



でも、目を開くと
そこにはなにもなく、
ただまっすぐな一本道。
[PR]
by chubblog | 2008-04-24 07:00
今日のSくん。 -3日目-
とりあえず、見てみましょう。

c0154405_321562.jpg


??????

⑦?

そう⑦です。

cafe dining bar 7 ですよ。


・・・許可なく、勝手に自作。

でも、かっこいいしね。
いいですよね。

⑦へのLOVEを感じます。
[PR]
by chubblog | 2008-04-24 03:09



CHUBBYのブログ
by chubblog