トーキョーランデヴーフェスティバル!
c0154405_14163619.jpg


昨年春のmusic birdが縁でお会いした、
Kさん。

その彼女が様々な出会いを通して、
ひとつの入口にたどり着きました。

トーキョーランデブーフェスティバル!

場所は渋谷 o-nest

CHUBBYも参加させて頂くことになりました。
渋谷でCHUBBY飯、食えちゃいます!

渋谷かー、怖いな、淋しいなー。
笹塚も渋谷区なんだけどなー。

んなわけでみなさん、一緒に行きましょう。

CHUBBYでもご予約を受け付けておきます。


2010年12月12日(日) 
トーキョーランデヴーフェスティバル!






場所 渋谷 o-nest 

オープン:16:00/スタート:16:30
チケット:前売:2,500円/当日:2,800円(+1d)

渋谷o-nest店頭販売と4店舗での店頭予約受け付けあり(下記参照)
※小学生以下のお客様、入場無料です。


曽我部恵一BAND 
曽我部恵一(vo,gt), 上野智文(gt,vo),
大塚謙一郎(b,cho), オータコージ(dr,cho)
による、終らない青春を体現する日本屈指のロックンロールバンド。通称ソカバン。
ディスコの煌めきとソウルのメロウネスを携えて、青春のすべてを無骨なまでにロックンロールで体現する唯一無二の存在。
結成4年目にして初のスタジオファーストアルバム『キラキラ!』を08年4月にリリース。セカンドアルバム『ハピネス!』は09年6月リリース。
「メンバーの年齢を足した数のキラキラで世界を救おうと思います。
これからもソカバンをよろしく!」(曽我部恵一)



●THUNDERHEAD MONSTERS
昨年11月、
Aloha+10yearsというイベントをきっかけに、10年の沈黙を破り復活。
多方面での精力的なライブ活動、
様々なジャンルのミュージシャンとのセッションを重ね増殖。
(メンバー数は最大時15名にも)
予定調和の無い展開、生々しくうねるヘビーなリズムと、
喜びに満ち溢れるパーカッションと、ホーンのインプロビゼーションは、
観客と一体となって巨大なグルーブへと変化する。
Keep On Dancing! 突きぬけるぜー (中村)


ううじん
2005年より活動を始める。
ハワイの職人ジェームス・グッダール氏のギターを愛用し、そのままの音の力を大切にうたう。
ううじんとは、植う(うう)=植える ひとのこと。
種を植えつづけること、水をあげつづけることで新しいことが始まっていくという意味が込められています。
2007年にオヤスミレコードよりアルバム「おめでとう ありがとう」を発売。
2008年、青山Cayにて音楽イベント「原」を企画。
現代は原野だというコンセプトのもと、空間美術に小池アミイゴ、演奏にASA-CHANGをはじめ、クラシックからhip-hopまで様々な音楽家やダンサーに協力を得て公演。
また、ミュージシャン同士の本気の合奏を意味する「出稽古」というイベントを企画。今までの取り組みは、2009年、clammbon原田郁子さんと。2010年、ASA-CHANGさんと。
今を生きる人たちに本当に必要な音楽とは何かを模索し、活動を続けている。



SuiseiNoboAz
石原正晴(vo、g)、溝渕匠良(b)、櫻井範夫(dr)
2007年夏、結成。高田馬場発トリオ・ロックバンド。
2009年7月 FUJI ROCK FESTIVAL 「ROOKIE A GO-GO」に出演、2010年1月に向井秀徳(ZAZENBOYZ)プロデュースによる1st Album「SuiseiNoboAz」をリリース。
以後も2010年5月 ARABAKI ROCK FEST.10、ROCKS TOKYOなど、都内を中心に様々なイベントに出演。熱狂的なファンを増やし続けている。
「よろしく頼みますよこのマザーファッカーが」(石原)



シャムキャッツ
東京で活動する4人組ロックバンド。
2009年のファーストアルバム「はしけ」リリース以降、枠にはまらない楽曲と自由なステージでその独特な存在感はじわじわとひろがりを見せている。
にゃお。
というのは冗談で、本当はガオーと鳴いている。
2010年は東京NEW WAVE、東京BOREDOMに参加するなど精力的にライヴをやりまくる傍ら来年のアルバムリリースをもくろみ目下回転中。



太平洋不知火楽団
2005年よりフルパワー&ノンストップで活動を続ける男三人。
自主企画『ASO ROCK FESTIVAL』を開催しつつ、2008年FUJI ROCK FESTIVAL、2010年SUMMER SONICに出演する等、派手に地道に様々なイベントで活躍。
また「TOKYO NEW WAVE 2010」のイベント及びコンピレーションアルバムに参加中。妖怪不可思議サウンドを打ち鳴らし、取り憑くようにライブを展開している。09年に製作した74分収録のデモCD『そうだ、海え帰ろう!!』は半年以上に渡りディスクユニオンインディーズチャートを席巻。
そして今年10月、初のプレス版「太平洋不知火楽団」をついに全国発売。今回も容量限界74分収録。たとえばこのCDが売れたら、あとは田舎で幸せにランデヴーして暮らします!
そんな太平洋不知火楽団を、主催の工藤あずさはこう語る→「……」




木村 有里(Vo) 橋詰遼(Gt,Vo)
大阪発、歌モノの男女ユニット。ただ決して普通ではない。
時にロックで、時にポップ。キャッチーでありマニアック。誰がどう見たって唯一無二であり、もはや何が起こるかわからないステージに観客は知らず知らずの内に引き込まれていく。
2008年5月「南堀江knave6thanniversary event GOLD MEMBERS '08」にアシガルユース・Rojikaと共に選出。11月 FM802主催「MINAMI WHEEL 2008」出演。2009年4月 UNISON SQUARE GARDENらが出演した「アルコホリディ4th Anniversary Party」(渋谷O-WEST)にてオープニングアクトに抜擢される。11月堂島孝平氏のイベント「サモ・タノシゲーナ」に出演。蜜初ワンマンライブ『お蜜会~あなたの年明けその前に~』も大成功。


泰山に遊ぶ
上海万博も終了し、大陸も冷え込む冬の12月・・・我ら泰山に遊ぶが、文化の灯火で、心暖まるパッフォーマンスで、ホッカホッカの小籠包にスープごと包まれたDUBをCOOLにお届けします!ヤケドにご用心!
中華風でありながらどこか昭和歌謡も思わせる懐かしいメロディ、最終的には誰にでもとっつきやすい「ポップス」として絶妙なバランスで成立している。
2009年「フジロックフェスティバル」、2010年「沖縄国際アジア音楽祭」に出演。「テン年代の東アジアエスニック楽団」をテーマに、軽やかなフットワークで都内を基点に全国、果ては台湾や中国にまで活動の幅を広げています。



●DJ
小池アミイゴ
イシカワアツヒロ
EMARLE


●VJ
最後の手段



FOOD
4店舗でのチケット店頭予約を受け付けています。イベント当日もおいしいご飯を提供して下さいます。

cafe tojo(カフェ・トホ)
〒151-0073 東京都渋谷区笹塚3−11−2ヒバリハウス2F
03-3370-7700
金土日月営業 12:00〜20:00
※ 月 12:00〜15:00(月曜が祝日の場合は12:00〜20:00)

nice time cafe
〒156-0044 東京都世田谷区赤堤4-46-6-1F
03-3325-7798
open 12:00〜22:00 木曜日定休

CHUBBY
〒156-0041 東京都世田谷区大原2-27-9
03-3324-6684
open 12:00〜26:00 火曜日定休

ぺぺぺカフェ(from カルマ)
〒164-0001 東京都中野区中野5-32-9
03-3387-0602
open 11:00〜24:00(日・祝 12:00〜23:00) 定休日なし
[PR]
by chubblog | 2010-10-07 14:40 | EVENT
<< UTA exhibition ... 2011年、EXHIBITION >>



CHUBBYのブログ
by chubblog
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30