ただの土、されど土。
農業は土がすべて。

野菜がどのように作られているのかを知って、
土の大きな存在に気付いた。

それまでは
自然とそこにあるものであったり、
時には遊び道具になったり、
雨の日は邪魔ものになったりした。

ほとんど土のない街に住むようになってから
ようやく土に‘温かさ’を感じるようになった。

昨年の4月にBaobabの御実家を訪ねてから
土壁の妙な魅力が気になった。






大分県の日田市に土の師匠がいる。
「土」を語り始めたら止まること無い、
まだまだ若い、けれど抜きん出た輝く個。

新しい店をつくるときは、必ず頼もう。
以前からそう決めていたひとつ。

今回、日田を訪ねるにあたり、
土壁のサンプルをいくつも用意してくれていた、彼。

「左官」=「職人」というイメージがあるけれど、
土を語る彼は熱烈恋愛中の女の子のよう。


昔は至る所にあった、土が減り、
自然と土壁を使用することも減り、
左官は高級なイメージになった。

京都から運んでくる土は
20kgで12,000円もするんだって。
土だよ、つち。

人体への影響、安心感、あたたかみ、
様々な良さを持つ土。

昔、当たり前に周囲に溢れていたモノたちは
今、振り返ると尊いものが多い。


「土を感じてもらいたい」
そう話す彼はきっと、将来、
左官のイメージを大きく変えてくれると思う。

本来、そこにあるもの。
それをどう魅せるか。


彼とボク、2人のそんな無邪気な挑戦を
この春、楽しみにお待ち下さいませ。

c0154405_0103182.jpg

1人でも多くの方に
土の魅力が伝わりますように。

たっつん、来月、待ってるぜい。


ちなみに写真の場所は
心の分店、西のチャビー、‘チャビー24’

いつも、人に見えないはずのオモイ荷物を
半分持ってくれて、ありがとう。

これからも同じ名の看板、
背負って戦っていきましょう。
[PR]
by chubblog | 2010-03-02 00:21 | 茶日
<< 日田から福岡へ。 TOWER >>



CHUBBYのブログ
by chubblog
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31