yasuyo miyake写真展 『Sol,Ten Li Neshika』 
本日から開催の写真展のお知らせです。

c0154405_1935494.jpg


イギリスで写真の勉強をしていた、
miyakeさん。

初の個展をCHUBBYにて開催です。



c0154405_19375785.jpg


彼女の知人である、イスラエル人の一家の
日常を追った写真たち。

手焼きしたひとつひとつの写真からは
温かな色とともに彼女の伝えたい世界が
ジワジワと広がっていきます。

c0154405_1941378.jpg


以下、miyakeさんの言葉です。

---------------------------------------------------------------------------------------
“Ten li neshika”とは、ユダヤ人の言語であるヘブライ語で
“私にキスして”を意味します。
この作品は、イスラエルのとある小さな村、Qelahimに住む、
あるイスラエル人の肖像です。
この家族と彼らを取り巻く環境が成長してゆく姿を、時と共に記録していくこと。

イスラエルという国は、紛争という負のイメージでしばしば表現されてきました。
このことによって、国全体が常に危険にさらされているという固定観念を
人々が抱くことも多いかと思います。
イスラエルに未だ平和はなく、
人々がそれを得ようと葛藤していることは事実です。

ただ、そこには確かに愛や喜び、幸せといったものが
存在していて、それは私たち皆が求めるものであり、
そしてまた個人的な経験を通しても、
普遍的に感じられるものだと思います。

Solの母親であるYaelにイギリスで出会ってから、6年以上が経ちました。
イスラエルの文化的、社会的側面、またその国を
もっと連想させうる厳しい現実を描くことの代わりに、
この作品はまた別の現実を捉えることを試みました。

それは何気なくささやかな日々の中にある美しさであり、
また人生や時の流れというものを賛美しています。
---------------------------------------------------------------------------------------


彼女の写真を通して、気付かされることがある。

紛争や戦争といったものにより
皮肉にも際立った‘美しき’日常。

本来、その‘美しき’は
他者に介入されるべきでなく、
顔の見えない誰かの個人的思考により
壊されるものではない。


一方、紛争や戦争などのわかりやすい暴挙から
長く離れてしまった環境では
その‘美しき’すら、美しくあるのか。


写真がこの世にある意味、大きいです。

是非、ご覧下さい。


パーティではイスラエル料理や、
イスラエルビールをご用意してお待ちしております。

まずは良き出会いに感謝です。


yasuyo miyake 『Sol, Ten Li Neshika』
2009.7.22(wed) - 8.3(mon)

opening party
2009.7.25(sat) 19:00 - 23:00
2,500yen (1drink & food)

c0154405_1632238.jpg
[PR]
by chubblog | 2009-07-22 20:16 | GALLERY
<< 大田原さん家のブルーベリー。 ‘目指す’ことの価値。 >>



CHUBBYのブログ
by chubblog
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31